はじめまして、和歌山の呉服屋「べにや呉服店」です。


べにや呉服店は明治11年(1878年)、初代熊五郎が神戸元町で『紀の国屋本店』として創業。


戦災に合い、昭和21年(1946年)に二代目正成が和歌山にて『べにや呉服店』として営業開始。



そして現在、創業より130年以上が経ち、


四代目晃広が店主を務め、五代目晃輝・真友梨とともに営業しております。

 
   
 

〈べにや呉服店の思い〉



現在、他にもさまざまな呉服店―百貨店、全国チェーン店、ネット販売の呉服店など―がある中で、


べにや呉服店が求められている役割とはなにか?

 

それは、老舗個人店の呉服屋「べにや呉服店」としての特徴を究めていくことと考えております。


老舗個人店のべにや呉服店だからこその、

 

スタッフの、お客さま、着物への熱い思い


これまでに培ってきた、仕入れ先との関係に基づく商品力


そして、お客様との信頼関係

 

これらをこれからも大切に、


そしてさらに伸ばしていくことが、べにやがすべきことであると考えております。

 
   
 

〈べにや呉服店だからできること〉



1.ここ和歌山で、これからも「ずっとある」。


 いざというときに必要になる着物だからこそ、     

 呉服屋には「ずっとある」、ということが求められるのではないでしょうか。     


 明治の創業から130余年。     

 着物の未来を考え、     

 これからもここ和歌山で続けてまいります。

    

2.同じ予算で1ランク上のお着物を。


 着物のよさを知っていただく。     

 それには、ほんものの着物を着ていただく、ということに尽るかと思います。     


 べにやには40以上の取引先がございます。     

 つくり手が熱い思いで創った着物を仕入れたい、     

 そして、つくり手から店舗への距離をなるべく近くし、     

 間に問屋等多く入ることでかかるコストを抑えたい、との思いです。     

 (つくり手はそれぞれ得意が異なるので、べにやでは現在もどんどん取引先が増えていっております)     

 また、べにや呉服店は家族経営で、広告の製作などなんでも自分たちで行い、外注はしておりません。     


 こうしてコストを抑えることで、同じ予算で1ランク上の着物、を実現しております。
 

    

3.スタッフ一人一人が信念を持っています。


 今売れればよい、というような押し売りはいたしません。     

 お客さまと長くお付き合いしていく「信頼関係」をなにより大切に。     

 日々着物を見て、研究し、     

 着物の未来、そしてべにや呉服店のあり方というものを     

 まっすぐに考えてまいります。     


 まずはお気軽にご相談くださいませ。

 
 
   

べにや呉服店

和歌山市西布経丁1-11       

Tel. 073-423-0654

Mail. info@beniya120.com

営業時間:10時〜19時

定休日:火曜日と、祝日の月曜日

   
   
 
    


和歌山市西布経丁1-11       
Tel.073-423-0654
Mail.info@beniya120.com
営業時間:10時〜19時
定休日:火曜日と、祝日の月曜日

Copyright (C) 2015 beniya All Rights Reserved.

◆店舗案内

◆商品紹介

◆着付・茶道教室

◆イベント情報

◆その他サービス
◆振袖

◆訪問着

◆産着

◆色無地

◆五福香菜子の帯留
◆トップページ